年賀状

義理の両親に送る年賀状の書き方!一言添えると印象がアップします

■好感をもたれる義理の両親への正しい年賀状の書き方

義理の両親へ年賀状を送る際に頭を悩ませてしまうのが、どんな文面を書けばいいのかという点ではないでしょうか。
友人や自分の両親へ送る年賀状のように気軽に文面を書くことができず、年末の大きな悩みになってしまっているという方も少なくありません。
通常、新年の挨拶は、いくつかの決まった文例があります。
それを参考にしてみても構いませんが、大切な義理の両親にはありきたりな一言ではなく、しっかりと気持ちが伝わる文面を書くことをおすすめします。
とはいえ、畏まった文面を書く必要はありません。
日頃のお礼を伝え、義理の両親の健康を気遣うメッセージなどを一言添えるだけでいいのです。
何よりも大切なのは、相手を思いやる優しい文面を添えることです。
年賀状にメッセージを書き込むスペースがあるのであれば、日頃のお礼を伝えるのはもちろん、ご自身や子どもの近況報告をしても相手が喜ぶ最高の年賀状になることでしょう。
新しい年の初めに嬉しくなるような年賀状を義理の両親に送ってみてはいかがでしょうか。

■一言添えたほうが感じがグッと良くなります

仲の良い友人や会社の上司や同僚に年賀状を送ることはあっても自分の両親や義理の両親に送ったことはないという方も少なくありません。
近年、年賀状そのものを送る機会が年々減少していますが、心温まる新年の挨拶をするなら年賀状は欠かせないアイテムの一つです。
可愛らしいテンプレートや写真にメッセージを一言添えるだけで気持ちがしっかり伝わることは間違いありません。
手書きで言葉を伝えれば、義理の両親との関係も今より良くなるはずです。
義理の両親が喜ぶ年賀状を送りたいなら、テンプレートや写真だけで済ませてしまうのではなく、一言添えると印象が良くなるのでおすすめです。
例えば、歳を重ねた義理の両親に年賀状を送るなら、健康を気遣うメッセージを添えてみてはいかがでしょうか。
今年も元気にお過ごしくださいといった一言やどうぞお体を大切にご自愛くださいといった一言も相手の健康を気遣う気持ちが伝わります。
新年の挨拶のみならず健康を気遣う一言を添えるだけで、温かな気持ちがしっかりと伝わり義理の両親も笑顔になってくれることでしょう。

■年賀状で日頃の感謝を義理の両親に伝えましょう

遠方に義理の両親が住んでいるとなかなか感謝の気持ちを伝えることができないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
特に男性が義理の両親に電話をかけて感謝の気持ちを伝えることは少ないことと思います。
そこで、おすすめなのが年賀状に感謝の気持ちを添えることです。
いつもお気遣いありがとうございますといった感謝の気持ちを伝えるのもおすすめです。
義理の両親へ年賀状を送る際には、通常の形式的な文面だけでなく、手書きでメッセージを一言添えるようにしましょう。
もし、普段から子育てや家事を義理の両親にサポートしてもらっているのであれば、年賀状は感謝の気持ちを伝える良い機会です。
一言でもメッセージが添えてあれば、それだけで気持ちがこもっていると感じることができ、相手も嬉しくなります。
日頃の感謝の気持ちを伝えるだけでなく帰省の予定などを書くとワクワクするような年賀状を送ることができるでしょう。
現在、義理の両親に送る年賀状にピッタリなテンプレートも増えています。
どんなデザインにしたらいいのか分からないという方の強い味方になってくれるのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

■メッセージを添える際の注意点

義理の両親に送る年賀状にメッセージを添える際には、いくつか気を付きなければいけない点があります。
例えば、宛名を縦書きにするのであれば、文面も縦書きで書くことをおすすめします。
そうすることで年賀状を受け取った相手も自然に読むことができ、ストレスになりません。
また、文字色は黒色を選びましょう。
自分よりも目上の人に年賀状を送る際にカラフルな文字色はおすすめできません。
黒のボールペンや筆ペンを使い丁寧に書くことをおすすめします。
また、一語一語丁寧に正しい字体で書くことも大切なポイントです。
もし、書き間違えてしまった際には、修正ペンなどを使って訂正するのではなく新たに書き直しましょう。
新しいハガキに丁寧に書き直すのは大変だと感じてしまう方もいますが、やはり修正ペンなどで訂正された年賀状を受け取るのは気持ち良くありません。
書き間違えてしまったハガキは、郵便局で新しいハガキや切手に交換することもできるので安心です。
年賀状は、手紙のように長い文章を書く必要はありません。
そのため、文章を書くことが苦手な方もストレスなく書けるのも年賀状のメリットです。
自分の字に自信がないという方は、宛名などは専用のソフトを使うことや郵便局で印刷してもらうといいでしょう。
年賀状に書く文面は、心を込めて手書きで書くことをおすすめします。
それだけで相手にしっかりと気持ちが伝わり、距離をグッと縮めることも夢ではありません。