引っ越しはがき

引越しハガキのバターン別文例まとめ【コピペOK】

転勤や異動が多い春は、特に引越しする人が増えてきます。
また、新社会人となり、親元を離れて一人暮らしを始める人もいるでしょう。
年明け早々に年賀状で送った住所と変わる場合には、まだ早いと感じてしまいがちですが、その年末に準備する年賀状の宛先を知らせるためにも、引越しの挨拶状を送ることが大切です。
もちろん、年賀状のためだけではなく、知らない間に違う所に引越していたと知るのは、あまり気分の良いものではありません。
そのためにも、お世話になっている方や大切な友人、それに親戚などの近しい人には、必ず知らせるようにしましょう。
電話は、詳しい住所をいちいち口頭で告げるのには大変不向きなものです。
また、メールも消去してしまう危険がありますので、やはり使わない方がいいでしょう。
きちんと手元に残り、郵便番号や住所、電話番号も書かれているハガキは、一定期間保存できるメリットがあります。
引越しの挨拶は、ハガキを用いるのがベストです。
引越したことを伝える文例をいくつか揃えてみましたので、挨拶状作りの参考にしてみてください。

引越しハガキの文例【コピペOK】

■広く使えるスタンダードタイプ

引越しハガキの文面は、ある意味では「一家の長」が代表して送るものでもあります。
そのため、ある特定の人物に宛てて出す場合のハガキでも、スタンダードな文面なら、家族全員が使えるので大変便利です。
引越したことが簡潔に伝わるものとしては、「このたび下記(左記)へ転居致しました お近くにお越しの節はどうぞお気軽にお立ち寄り下さい 今後とも変わらぬお付き合いの程よろしくお願い致します」や、「このたび 下記(左記)へ転居致しましたのでお知らせ致します お近くにお越しの際は 是非お立ち寄り下さい まずはご挨拶かたがたお知らせ致します」などの文面がおすすめです。
きちんとした挨拶文の中に、引越した事実とこれまでと変わらないお付き合いをお願いする気持ちがきちんと入っていますので、受け取った人も知らせてくれたことに好感を持つはずです。
ハガキは文面が第三者の目に触れることが考えられますが、引越し状の挨拶ハガキに関してだけは、できれば電話番号を入れておきましょう。
そうすれば、受け取った人がそのハガキを見て、折り返し電話をかけることができます。
引越しハガキに返信することはまずありませんので、電話連絡があることを念頭に入れるために必要です。

■一人暮らしを始めた人向けの挨拶文

これまで家族揃って住んでいた家を離れ、新しい街で新生活を始める人なら、一人でも頑張っていることが伝わる内容のものがいいでしょう。
「このたび引越しました 慣れない所での生活ですが、楽しい毎日を送っています 今度是非遊びにきてください」や「新しい街で生活を始めました 近くにおいでの時にはお気軽に遊びに来てくださいね」などの挨拶が、一人暮らしを心配してくれている人たちに、安心感を与えてくれるに違いありません。
また、友人や親戚、恩師や先輩など多くの人に出すことができますので、引越しの片付けで忙しい人にはうってつけです。
よく食事を共にした人になら「このたび新しい住所に転居しました 近所にはとても素敵なお店がたくさんあります 是非一度遊びにいらしてください」の挨拶状を送れば、近いうちに遊びに来てくれることでしょう。

■礼儀を重視する場合の挨拶状

仕事上でお付き合いする人の中には、たとえ引越し状の挨拶文でも、かなりかしこまった文面にすることをおすすめします。
そして、自宅を訪問することはないと思われる人にも、引越しハガキを送ることが大切です。
「拝啓 皆様にはお元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます さて このたび左記(下記)住所へ転居致しました お近くにお越しの節にはどうぞお気軽にお立ち寄り下さい まずはご挨拶かたがたお知らせ申し上げます 敬具」、「拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます このたび左記(下記)へ転居致しましたのでお知らせ申し上げます こちら方面にお越しの節は是非お立ち寄り下さいますようお待ち申し上げます まずはご挨拶かたがたお知らせ致します 敬具」などの文面が適しています。
必ず「拝啓」で始めて、「敬具」で終わることを忘れないようにしてください。
きちんとした形の挨拶状を送る時には、この始まりと終わりに用いるには必須の文言だからです。

■季節を感じさせる挨拶文

春以外にも引越しは当然考えられますので、真夏や真冬に送る時に最適な例文があります。
「暑い日が続いておりますがお変わりございませんでしょうか このたび転居致しましたのでお知らせ致します お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい」や、「寒さ厳しい折、いかがお過ごしでしょうか このたび転居致しましたのでお知らせ致します 今後とも変わらぬお付き合いをよろしくお願い申し上げます」など、相手の状況を気遣いつつ、引越ししたことを伝えられるので、一石二鳥と言えるかもしれません。
引越しハガキを送るということは、何より送る相手にこれまでと変わらないお付き合いを望む気持ちの表れでもあります。
引越しした時には、是非心を込めた挨拶状を送りたいものです。