年賀状

年賀状を1月1日に”確実に届ける”ための2つの注意点

1年のはじまりに感謝の気持ちを伝える年賀状。できれば1月1日に届けたいですよね。

年賀状は出したあと相手にしっかりと届いているか確認できないため、

年賀状を出したはいいけど1月1日にちゃんと届くか不安・・

という思いをされた方もいるのではないでしょうか。

今回は2020年1月1日に確実に年賀状を届けるための注意点を2つご紹介いたします。

当たり前だけど重要だからしっかりとチェックしてください!!
こんな人に見てほしい
  • 年賀状を1月1日に相手に届けたい方
  • 年賀状がちゃんと届くか毎回不安になる方

年賀状を1月1日に”確実に届ける”ための2つの注意点

  1. 指定期限までに年賀状を出す
  2. 宛名・住所・郵便番号をしっかり確認する

たったこれだけです!

① 指定期限までに年賀状を出す(12月15日~25日)

年賀状を1月1日までに確実に届けるためには指定期日内に出す必要があります。

指定期日とは郵便局が年賀ハガキの引受を開始する12月15日~25日までの間を指します。

ー年賀はがきの引受は何日からですか?

2019(平成31)年用年賀はがきの引受開始は12月15日(金)からになります。
年賀状は12月25日(月)までにお出しください。

確実に届けたいのであれば遅くても早くでもNGです。

年賀状を15日前に出したら確実に届く?

1月1日に確実に届けたいから引受前の12月10日に年賀状を出したんだけど、ちゃんと届くよね?早く出してるわけだし!

残念ながら指定期間以外の引受は確実に1月1日に届くという確約はできません。

15日前は郵便局の通常業務期間ですので、年賀状の受け入れ体制が整っていない状態です。

多くの場合は早く出された年賀状を15日付けと処理しますが、引受期間外ですので、どこかに紛れてしまった。普通ハガキとして早めに届けてしまった。という可能性もあります。

確実に1月1日に届けたいのであれば、早く出さずに引受期間まで待って年賀状を出しましょう!

② 宛名・住所・郵便番号をしっかりと確認する

当たり前のことですが、宛名・住所・郵便番号が間違っていたり、記載されていない場合は1月1日に届かない可能性があります。

地方の場合、都道府県名や町名を書かなくとも届くケースもあるようですが、年賀状を確実に1月1日に届けたいのであれば、都道府県名からしっかりともれなく記載する必要があります。

郵便局では大量の年賀状を仕分けています。仕分けの際に少しでも都道府県名や地名が抜けていたりすると仕分けが後回しにされる可能性があり、配達が送れる可能性があります。

普段は地名だけで送っている場合でも年賀状の場合は少し慎重になったほうがいいですね!

2019年からデザイン年賀状を贈ろう!

日本に昔から根づく年賀状文化ですが、最近では手書きで送る方は減っており、年賀状印刷でオシャレな年賀状を送ることが主流となっています。

いわゆるデザイン年賀状です!

そのため年賀状印刷業者もたくさん出てきており、写真印刷サービスやデザインされた干支(亥)などたくさんのバリエーションから選ぶことができるようになっています。

そんなデザイン年賀状印刷の中でも圧倒的に人気なのが挨拶状ドットコムです。

挨拶状ドットコムでは個人・法人問わずどなたでも利用することができ、面倒な年賀状印刷をたった1日で終わらすことができます。

2019年からデザイン年賀状を利用したい方は是非、挨拶状ドットコムをチェックしてください!

Wお年玉年賀ハガキや年賀状収納ケースは数量限定となります。詳しくは挨拶状ドットコムをご覧ください。

≪年賀状≫1枚5円引き!Wお年玉くじ付き

デザイン年賀状はもらった人も驚いてくるからおすすめです!

まとめ

年賀状を1月1日に確実に届けるためには

  1. 指定期日内に年賀状を出す!(12月15日~25日)
  2. 宛名・住所・郵便番号をしっかりと記載する

この2つさえ守れば確実に1月1日に届きます。

年賀状を出すのは早くても遅くてもダメです。しっかりと期日を守って出すように心がけましょう!

大切な人には感謝の気持ちを込めて1月1日にしっかり届けることをおすすめするよー!

挨拶状ドットコム