年賀状

上司・先輩など目上の人に送る年賀状の書き方!おすすめデザインは?

相手が親しい友人や同僚ならいざ知らず、上司や先輩に出す年賀状をどのように出せばいいか迷っている方も多いと思います。

年賀状で書く内容は、ほとんど決まっていると思いがちですが、実は同じ意味でも目上の方には使うべきでない言葉もあります。

さらに目上の方に出す年賀状のデザインも節度を持ったものであることが望ましいですし、そうしたマナーはしっかり押さえつつも、目に留まるだけのオリジナリティが欲しいところです。

今回は考え出すと奥が深い、目上の方への年賀状、どんなものなら相応しいのか、ご紹介いたします!

こんな人に見てほしい
  • 目上の方に年賀状を出そうと考えている方
  • 年賀状のマナーを知りたい方
  • おすすめのデザインを知りたい方

上司や先輩など目上の人に年賀状を出す時の一番の注意点は”スケジュール”

まず、目上の方に対して年賀状を送るときに注意しておくべき一番の点は、元旦に届くように送るということです。

元旦は1月1日の午前中のみを指しますので、相手の郵便受けに朝一番に届けられていればパーフェクトです。

年賀状を元旦に届けるためには郵便局の受付締め切りがありますので、必ずそれまでに投函してください。

他の記事で1月1日までに届ける方法を解説してますよー!
年賀状はいつまでに出せば間に合うの?【結論:12月25日】何かとバタバタする年末に、多くの人が頭を悩ませるのが年賀状です。 こういった状況になっている方も多いはず・・ 今回は...

年賀状は早めの準備がおすすめ

12月は社会人にとって忙しい時期なので、ギリギリになってから作り始めたのでは間に合わない可能性があります。

年賀状は11月から発売されますので、できるだけ早めに年賀状の準備を行い、計画的に行動するようにしましょう。

【参考】一般ハガキでも出せるけど・・・

実は年賀状は年賀はがきでなく、一般ハガキでも出すことができます。

ただし、年賀はがきではなく一般のはがきで出す場合、赤字ではっきり年賀と書き入れておかないと年賀状扱いしてもらえません。

余裕をもって投函したのに、年賀状が年内に着いてしまったとしたら大失敗ですし、年内は顔を合わせるのも恥ずかしすぎると思います。

私製ハガキは切手の下に赤で「年賀」とはっきり記入することを忘れないようにしましょう。

年賀ハガキを利用すればこうしたミスは防げますね!

目上の方に送る年賀状に省略語は絶対NG!

新年の挨拶では、なるべく言葉を丁寧に選んで使う必要があります。

仲の良い友達同士・知人同士であれば

  • あけおめ
  • ことよろ

といった省略語を使うこともありますが、目上の人に送る場合は省略語は絶対にやめましょう!

ここまでは当たり前の話ですが、実はほかにもついつい使ってしまう省略語が存在しています。

それが、賀正や賀春、迎春などといった言葉です。

  • 賀正
  • 賀春
  • 迎春

は省略語だから目上の人には使わないようにしましょう!

賀正や賀春、迎春といった言葉は毛筆などで書かれていると見栄えが良く、特別な言葉のように見えますが、実は「あけおめ」と変わらない省略語です。

現代では「凄く失礼」とは受け止められることは少なくなりましたが、本来目上の方へは不向きの言葉です。

常識を疑われないよう十分に注意しましょう!

それだけじゃない省略語

二文字の言葉がダメという意味ではなく、実は「謹賀新年」「迎春万歳」も省略語です。

謹賀新年と書くなら、「謹んで新年をお祝いいたします」と書くべきですし、迎春万歳なら、「新年を迎えお慶び申上げます」が正解です

そもそも難しい漢字を使わなければいけないわけではありませんので、素直に、「あけましておめでとうございます」で大丈夫です。

  • 謹賀新年→謹んで新年をお祝いいたします
  • 迎春万歳→新年を迎えお慶び申し上げます

ちなみに「新年」という言葉と「あけまして」は同じ意味になるので、「新年あけまして」というように並べないようにしましょう!

目上の方の住所は直接聞こう!

ところで目上の人に出す年賀状の住所はどうやって知ろうかな・・

と悩んでいる方もいると思いますが、上司の住所は上司に直接聞くのがマナーです。

教えていないのに届くと、一体どこから聞いたのかと不信感につながりますし、最近は個人情報は保護されていますので、住所一覧が配られることはなくなっています。

人からこっそり聞くのはマナー違反、本人から教えてもらうのが現代の基本です。

中には、虚礼を避けるため年賀状の送付禁止という企業もあります。

年賀状を出して良いかどうか分からない場合もありますので、その確認にもなるでしょう。

ここまでのまとめ
  • 1月1日に届くようにしよう!
  • 省略語を使わないようにしよう!
  • 直接住所を聞こう!

せっかくだから覚えたい年賀状3つのマナー

目上の人に年賀状を送る際には

  • スケジュール
  • 省略語を使わない
  • 直接住所を聞く

この3点を抑えておけばOKですが、年賀状にはそもそもいくつか細かいマナーがあります。

せっかくだから年賀状のマナーも覚えましょう!

①「。」「、」といった句読点は年賀状には不要

目上の人に送る年賀状だけに限りませんが、年賀状は「。」「、」といった句読点は不要です。

区切りはつけないというゲン担ぎであったり、毛筆で書いていた名残と言われていたりしますので、こうした年賀状のマナーもしっかりと覚えておきましょう!

②忌み言葉と年号には注意

「去る」「失う」といったネガティブな言葉は忌み言葉といわれます。新年を迎えたことを祝う年賀状では忌み言葉使わないようにしましょう。

「去年」とは書かず「旧年」「昨年」と書くのが年賀状のマナーです。

③年号をしっかり書こう!

年賀状を出す際には和暦でも西暦でも構いませんので「年号」を必ず書いておきましょう。

ただし「一月一日元旦」は同じ意味が2回続いていますので、

  • 二〇一九年元旦
  • 二〇一九年一月一日

のいずれかにしましょう!

元旦に届かない可能性がある場合は「一月一日」と書きましょう。

年賀状のマナーはこちらでも解説しています。
年賀状マナー7つのポイント!正しい書き方と知っておきたいこと

日頃お世話になっている目上の方には”一言”添えよう!

年賀状で伝えるべき事は新年を祝う気持ちですので、一般的な挨拶文だけでも問題ありません。ただ、1年に1度の機会ですので、添え書きは入れておいたほうが良いでしょう。(※特に目上の人に送る場合は)

印刷業者に依頼して作成すると手軽で便利ですが、刷り上がったものに手書きで一言書くと、ぐっと気持ちが伝わります。

自分は字が下手だからという人もいますが、上手、下手ではなく丁寧に書いた自筆はやはり魅力的です。

「旧年中はご指導をいただきありがとうございました
本年もよろしくご指導下さいますようお願い申し上げます」

といった無難な一言でもOKです!

手書きで一言添えると目上の人も喜びます!

目上の方への年賀状の構成(書き方)

ここまでは上司・先輩など目上の方への年賀状マナーをお伝えしてきました。

実際に目上の方に出す年賀状全体の組み立て方は以下の通りとなります。

  1. 新年の挨拶の言葉
  2. 添え書き
  3. 年号
  4. 自分の氏名と住所

以上です。

こうしてみると簡単ですね!

デザイン印刷を利用する際には、添え書きの空白をちゃんと開けておくことを忘れないようにしましょう。

おすすめの年賀状のデザイン

年賀状のデザインは、送る方の年齢や性別によっても異なりますので、自分の好みのデザインを送ることをおすすめします。

最近ではデザイン性の高い「デザイン年賀状」が出てきており、若い方を中心に非常に人気があります。

デザイン年賀状を利用するメリットは

  • 年賀状をいちいち書く必要がない
  • 失礼のない文言で作られている
  • 宛名印刷が無料

などなど、年賀状にかかる時間を大きく削減することができます。

そんなデザイン年賀状印刷の中でも圧倒的に人気なのが挨拶状ドットコムです。

挨拶状ドットコムでは個人・法人問わずどなたでも利用することができ、面倒な年賀状印刷をたった1日で終わらすことができます。

上司や先輩など目上の人向けのデザインもありますので、どのような年賀状を送るべきか悩んでいる方は是非挨拶状ドットコムをチェックしてください!

Wお年玉年賀ハガキや年賀状収納ケースは数量限定となります。詳しくは挨拶状ドットコムをご覧ください。

≪年賀状≫1枚5円引き!Wお年玉くじ付き

目上の人に喜ばれるデザインで年賀状を作ろうー!

まとめ

目上の人に出す年賀状まとめ
  • 1月1日に届くようにしよう!
  • 省略語を使わないようにしよう!
  • 直接住所を聞こう!

年賀状はただの挨拶状と思われがちですが、1年の始まりをお祝いする特別な挨拶状です。

日頃お世話になっている目上の方にはマナーをしっかりと抑えた年賀状が送れるようにしっかりと準備を行いましょう!

挨拶状ドットコム