寒中見舞い

例文で寒中見舞いの書き方を覚えよう!おすすめのデザインは?

暑中見舞いや残暑見舞いはよく耳にするし出したこともあるけれど、意外と知られていないのが寒中見舞いです。

なんとなく冬に出す挨拶状

と思っている方もいると思いますが、寒中見舞いは年賀状の代わりにも出すことができます。

今回は寒中見舞いをどんな時に出すのか?書き方はなど、寒中見舞いの基本についてご紹介いたします。

こんな人に見てほしい
  • 寒中見舞いとはなにか知りたい方
  • 寒中見舞いはどのように出すのか知りたい方
  • 寒中見舞いの書き方を知りたい方
  • 寒中見舞いの例文を見たい方

そもそも寒中見舞いとは?

寒中見舞いとは、一年の間の一番寒い時期に、体調を崩していないか相手を気遣って出すハガキのことを呼びます。

元々は、豪雪の地域や寒冷地でこうしたお伺いのハガキを出すことが多かったのですが、今では温暖な地域でもいろいろな用途を兼ねて出すことがあります。

寒中見舞いを出す時期

寒中見舞いは一年で最も寒い時期に出すとは言え、住んでいる地域によって気候は多少異なるものです。

ですので暦上では、松の内と呼ばれる1月7日過ぎから立春である2月4日頃までに出すのがマナーとされています。

寒中見舞いを出す時期は

  • 1月7日から2月4日頃

松の内は1月1日から7日までを指し、この時期に届くように出すのが年賀状です。

ただし二十四節気の小寒である1月5日頃から出しても良いとされている云われもありますので、だいたい1月5日~7日が寒中見舞いを出し始めるのに適した時期と言えるでしょう。

立春の2月4日を過ぎてしまうと、寒中見舞いではなく余寒見舞いというハガキになります。

余寒見舞いは文面も変わってきますので、出すタイミングにも注意したいですね!

寒中見舞いのさまざまな用途

寒中見舞いの用途
  • 年賀状をもらった人に返信する用途
  • 喪中の人に年賀状の代わりに出す用途
  • 喪中の人に年賀状を送ってしまった際のおわび状

様々な用途があります!

寒い時期の体調を伺う目的以外にも、寒中見舞いのハガキはさまざまな用途があります。

例えば年賀状をもらったものの何らかの事情で松の内(1月7日)までに返信できなかった場合に、寒中見舞いとして返信をする人もいるでしょう。

またこの時期に出産や引越し、結婚などをした人は、寒中見舞いと兼ねて報告ハガキを出してもかまいません。

喪中の場合に、喪中と知らずに年賀状をいただいた人宛に、喪中報告をする目的で出すケースもあります。

反対に喪中と知らずにこちらから年賀状を出してしまった人に対して、お詫びの挨拶状として寒中見舞いを活用することもできます。

また喪中ハガキをいただいた人に対して、年賀状を送らない代わりに寒中見舞いを挨拶状にするなど、非常に多くの活用方法があるのです。

寒中見舞いの基本的的な例文

寒中見舞いは、どのような挨拶文を書けば良いのでしょうか。

一般的には、「寒中お見舞い申し上げます」の挨拶から書き始めます。

その後、「寒さはこれからが本番ですが、ご家族の皆様はお変わりございませんか」などと続けます。

用途によってその後の文例はさまざまです。

年賀状の返信が遅れた場合の例文

例えば年賀状のお返しが遅れた場合に年賀状代わりとして出すのであれば、

「年頭にはご早々のお年賀をありがとうございました。お返事が遅れてしまい、申し訳ありません」

と続けると良いでしょう。

喪中であることを寒中見舞いで知らせる場合

喪中であることを知らせるのであれば、

「実は昨年、実母が亡くなり、新年のご挨拶を控えさせていただきました。旧年中にお知らせ申し上げるべきところ、年を越してしまい大変失礼いたしました」

というふうに記します。

寒中見舞いの最後には

寒中見舞いの最後は、

「寒い日が続きますが、風邪など召されませぬようご自愛下さいませ」

と相手の健康を気遣う文で締めくくり、平成○○年 一月 と日付を書いて終わります。

思いが伝わればいいので、あまり難しく考えなくても大丈夫ですよ!

寒中見舞いおすすめデザイン

寒中見舞いは最も寒い時期に出すハガキなので、イラストも

  • 白いうさぎ
  • 椿(つばき)
  • 雪景色

など冬をイメージする物が多いです。

使用するハガキは官製ハガキでも私製ハガキでもかまいませんが、年賀状を使うのは控えましょう。

郵便局に行けば、さまざまな種類の寒中見舞い用のハガキがあるので、気に入ったものを選びましょう。

寒中見舞いのハガキは切手部分が胡蝶蘭になっているハガキを使う人が多いです。

喪中の方への寒中見舞いは無地が無難

喪中関係の内容の場合は、無地、もしくは無地に近いハガキを選ぶようにします。

出産や結婚報告を兼ねて出す場合、写真を入れたいと思う人もいるかもしれません。

寒中見舞いに写真を入れてはいけないという決まりはありませんが、一般的には写真は使わないほうが無難です。

どうしても写真を入れたいのであれば、派手過ぎない小さめの写真にすると良いでしょう。

寒中見舞いを出すときの注意点

寒中見舞いを出す際には、余っているからといって年賀状を使うのはおすすめできません。
年賀状は新年のお祝いの挨拶状であり、寒中見舞いはまた趣旨が変わってきます。

特に自分が喪中であったり相手が喪中である場合は、新年を祝う意味がある「年賀」を送るのはマナー違反になるので気を付けましょう。

寒中見舞いを喪中の相手に出す場合は、文中に「お祝い」や「おめでたい」といった内容の言葉を使うのも控えなければいけません。

また寒中見舞いには、「拝啓」や「敬具」などの頭語や結語も不要です。

特に宛名書きに関しては、書き間違いのないように気を付けて見直すようにしましょう。郵便番号を書かない人がいますが、その場合ハガキの到着が遅れる可能性があります。

住所は2行内でまとめて、郵便番号も面倒臭がらずにきちんと記したいものです。

寒中見舞いの注意点まとめ
  • 年賀状ハガキは使用しない
  • 喪中の方には「お祝い」「めでたい」などの言葉は控える
  • 「拝啓」「敬具」などは不要
  • 宛名書きは間違えないように

本来の目的は、寒い時期に相手の健康を気遣う挨拶状ですので、思いやりの心がこもったハガキになるように心がけることが大切です。

寒中見舞いを正しく出そう!

こうしてみると寒中見舞いはたくさんのルールがあって面倒くさいように感じる方もいるかもしれませんが、今の時代ほとんど方がハガキ印刷を利用して寒中見舞いを出しています。

ハガキ印刷とは

  • 宛名印刷
  • 季節に合ったデザイン
  • 喪中の方にも対応
  • 失礼のない文面

が事前に用意されているため、寒中見舞いを出す際にも絶対に失敗しないようになっています。

ハガキ印刷でも特におすすめが挨拶状ドットコムです。

挨拶状ドットコム
800種類以上のデザイン。豊富なキャンペーン。宛名印字無料etc..とにかく挨拶状を出す上で必要なものがすべて揃っています。価格も安く実績も抜群なので安心しておすすめできます!
公式サイト 挨拶状ドットコム
選べるデザイン 800以上
おすすめ度
キャンペーン 【早期割引】【宛名基本料金無料】【宛名無料】

挨拶状ドットコム

デザインもかわいらしいものから古風なデザインまで幅広くそろってますよ!

寒中見舞いはがき印刷

まとめ

寒中見舞いは冬の寒い時期の体調を気遣う挨拶状です。

寒中見舞いの用途
  • 年賀状をもらった人に返信する用途
  • 喪中の人に年賀状の代わりに出す用途
  • 喪中の人に年賀状を送ってしまった際のおわび状
寒中見舞いの注意点まとめ
  • 年賀状ハガキは使用しない
  • 喪中の方には「お祝い」「めでたい」などの言葉は控える
  • 「拝啓」「敬具」などは不要
  • 宛名書きは間違えないように
送った方に喜ばれるよう素敵なデザインの寒中見舞いをだしましょう!

寒中見舞いはがき印刷