年賀状

年賀状の最終締め切りはいつなの?→1月7日が一般的です【理由あり】

年賀状送り忘れた!締め切りはいつまでだ?

と不安になっている方もいるのではないでしょうか。

今回は年賀状の最終締め切りについてご紹介いたします。

年賀状の最終締切は決まっていない!

実は年賀状は1月を過ぎても2月を過ぎても送ることができます。

そのため年賀状そのものの最終締切というものは法律的にも郵便局の規定にも定められていません。

12月に年賀状を出し忘れた方でも1月中に送ることは十分に可能です。

ただし年賀状は1月7日までに送る必要があります。

年賀状が「1月7日まで」という根拠は?

年賀状は1月7日までってよく聞くんだけどあれはなに!?

年賀状は新年の挨拶状であるため、1月7日(松の内)まで出す必要があるとされています。

松の内とされている1月7日までに年賀状を届けることが一般的のため「年賀状は1月7日まで」と言われているのです。

年賀状はめでたい松の内(1月7日)までに届ける必要があるってことだね!

1月7日を過ぎたらどうすればいいの?

では松の内である1月7日を過ぎたらどのようにすればよいのかというと、寒中見舞いとして出す方法をおすすめします。

寒中見舞いとは

寒中見舞いは1月2月に出される季節の挨拶状です。

寒さを見舞う意味合いがありましたが、最近では1月7日までに出せなかった年賀状の代わりに出すことが増えてきています。

1月7日に出す場合は年賀状ではなく寒中見舞いで出すことをおすすめします。

1月7日以降の年賀状は”寒中見舞い”として送ろう!「年賀状を出し忘れた!」 「年賀状が届いた相手に自分は出してない!」 「12月まで忙しくて結局出せなかった。」 といっ...

急ぎで年賀状・寒中見舞いを出したい

年賀状にしても寒中見舞いにしても

どうしても早く出したい・・

という場合があると思います。

そんなときは挨拶状ドットコムをおすすめします。

挨拶状ドットコムであればハガキを用意しなくてもたった10分の入力で当日中にハガキを出すことができます。

挨拶状ドットコム
800種類以上のデザイン。豊富なキャンペーン。宛名印字無料etc..とにかく年賀状を出す上で必要なものがすべて揃っています。価格も安く実績も抜群なので安心しておすすめできます!
公式サイト 挨拶状ドットコム
選べるデザイン 800以上
おすすめ度
キャンペーン 【早期割引】【宛名基本料金無料】【宛名無料】【Wお年玉】

挨拶状ドットコム

業界最速のスピードで手間いらず!急ぎの人におすすめです!

まとめ

年賀状には最終締め切りというものはありません。

ただし年賀状は新年を祝う挨拶状ですので、1月7日着で送れるようにする必要があります。

1月7日を過ぎるようであれば、寒中見舞いとして出しましょう!