年賀状

年賀状で結婚報告はあり・なし?おすすめの写真と文例も紹介

今年結婚をして時期的に結婚報告と年賀状を一緒にしてしまおうと考えている方もいると思います。

そもそも年賀状で結婚報告をするのはありなのでしょうか?

本ページでわかりやすく解説していきます。

こんな人に見てほしい
  • 年賀状で結婚報告をしようと考えている方
  • 年賀状で結婚報告してよいのか知りたい方
  • 結婚報告の文例を知りたい方

年賀状での結婚報告はあり・なし?

結論からお伝えしますと、年賀状で結婚しましたという報告ができるのは、下記のケースに該当する方だけです。

こんな人なら年賀状で結婚報告はOK!
  • 友人
  • 親族
  • かつてお世話になった方(恩師)や年賀状での付き合いしかない方
  • 結婚式に招待したけどこれなかった方

かつてお世話になった恩師と、今でも年賀状のやり取りだけでお付き合いがあるという場合は、年賀状での結婚報告でも問題ありません。

昨年は、こんなことがありましたと互いに報告し合う間柄になっていると考えられることから、昨年のビッグイベントとして「結婚しました」という報告をするのは、なんら問題ないといえます。

また、結婚することを知らせて式や披露宴に招待したものの、諸事情から参列してもらえなかった友人も、年賀状でのお知らせでいいでしょう。

すでに知ってくれていることから、「そういえば、去年、誘ってくれたのに行けなかったな」と思いだしながら、年賀状を見てくれると思われます。

翌年明け早々に年賀状で結婚したことを報告するとしても、上記以外に該当する人は不向きです。

上司やビジネスの取引相手には?

上司や、仕事上で重要なお付き合いをしているパートナーシップの関係にある人に対しては、結婚後1~2ヶ月の間に「結婚しました」という旨のハガキを、年賀状とは別に送っておくようにします。

年賀状で知らせると、

ついでに知らせてきたな・・

という印象をもたれてしまいますので、仕事上で思わぬ関係悪化につながる可能性があるからです。

結婚したことは結婚したこととして、すぐに連絡し、年賀の挨拶は年賀の挨拶として、別途、きちんとするくらいでないと、ビジネスの世界をうまく乗り切っていくことはできないでしょう。

面倒くさいけど「年賀状」と「結婚報告のはがき」は分けて出すほうが無難です!

年賀状で結婚報告する場合のポイント

年賀状で結婚報告するのであれば、できるだけ当人の写真を入れるようにします。

イラストを使うという方法もありますが、せっかくですので自分とパートナーの結婚式の様子を見てもらったほうがいいでしょう。

ただ、何年も会っていないような人に対しては、いきなり写真入りの年賀状に抵抗を感じられてしまう可能性もあります。

写真はやめたほうがいいかもしれないと思われる相手に対しては、イラストを使う方法も採り入れつつ、友人や親戚にはできるだけ二人の顔がはっきり分かるように映っているものを選びます。

写真の枚数に制限はありませんので、小さめのを2~3枚入れるか、大きめで1枚にするかは、どのような写真を使いたいかによって構図を考えることになります。
ラブラブ写真は要注意

注意したいのがキスしているシーンや、お姫様抱っこをしているところなど、見ているほうが恥ずかしくなるような、二人の世界に浸るような写真はやめておきましょう。

文章には「新春」と明るい文言を入れよう

年賀状という方法で連絡することから、冒頭の賀詞は「新春」が望ましいでしょう。

二人で迎える新しい生活の最初のお正月ですので、新しいという文字が入っているほうが適しているからです。

その上で、「昨年○月△日、私たちは結婚致しました」といった文言で結婚したことを知らせ、「 二人で力を合わせ、明るい家庭を築いていこうと思います。どうぞ末永い御交誼を宜しく御願い申し上げます」といった文言で締めくくるといいでしょう。

【サンプル】

「新春」

「昨年○月△日、私たちは結婚致しました」

「 二人で力を合わせ、明るい家庭を築いていこうと思います。どうぞ末永い御交誼を宜しく御願い申し上げます」

文体を使い分ける
  • きちんとしたパターンと
  • 友人や親しい人向けにもう少しくだけたパターン

2つを用意するとどちらかに該当すると思われる、相手に適した内容の結婚報告を兼ねた年賀状が出来上がります。

結婚報告用の年賀状のひな形やテンプレートと呼ばれるものが存在しますので、そういったものを使うと簡単に完成します!

相手によって状況によって文章は分ける

式に参列してくれた人

「先日は私たちの披露宴にご出席いただき、誠にありがとうございました。今後も皆様の祝福を忘れることなく、二人で明るい家庭を築き上げたいと思います。」

仲人をしてくれた人

「昨年は大変お世話になりました。誠にありがとうございます。」

他の人にはない特別な文言が必要になります。

親戚に対して

「ご厚情に深く感謝申し上げます。」

少し堅くなりますが上記のような文言もいいでしょう。

まとめ

年賀状で結婚報告をする場合は、親しい間柄のみに送ることをおすすめします。

結婚報告の年賀状は一生のうちで一度しか送るものですので、2人の顔がしっかりと映った思い出の写真を送ることをおすすめします!

相手によっては年賀状・結婚報告の2つ出すことを忘れずに!