年賀状

お年玉付き年賀状の当選確率は?10万分の1の確率って本当?

1年に一回の年賀状

誰から届くのか、誰に送ろうか考えるのも年賀状の楽しみ方の一つですが、年賀状にはもうひとつ「お年玉つき」という楽しみもあります。

今回はお年玉年賀状の当選確率と当選確率をUPさせる方法をご紹介いたします。

こんな人に見てほしい
  • お年玉付き年賀状の当選確率を知りたい方
  • 当選商品を知りたい方
  • 当選確率をアップさせる方法を知りたい方

お年玉付き年賀状の当選確率は10万分の1

まずお年玉付き年賀状の一等当選確率は10万分の1です。

ジャンボ宝くじなどと同じように、年賀ハガキの場合も販売枚数によって当選本数が変わってきます。

ここ数年は36億枚程度販売されていることから、36億枚販売されたと仮定すると、1等の当選本数はおよそ36,000本というとこになります。

10万分の1の確率であればなんとなく当たりそうな気もしてくるな・・

ただ、一等の当選本数と金額は毎年変わっていますので、「今年はどうなるのかな?」という楽しみを持っておくのがいいかもしれません。

お年玉付き年賀状の当選品(賞品)は?

お年玉付き年賀状の当選品は以下の通りです。

当選確率
現金1万円 10万本に1本
ふるさと小包 1万本に1本
お年玉切手シート 100本に3本

2等のふるさと小包などは、1万本に1本当たる当選確率となっています。

1万枚につき1本当たる計算になりますので、2等となるとかなり当たる気がしてきます。

3等は切手シートで、100枚のハガキを持っていると3本当たる確率となります。

もちろん番号が異なりますので、100枚を連番で買っておき、その中からもれなく3本を当てるということはできませんが、バラバラといろいろな番号の年賀状を持っているとしたら、かなりの確率で当たりそうです。

切手シートも2018年には100本につき2本に減っています。販売枚数に連動するため、年々、購入する人が減っているということでしょう。

2019年はスペシャルな年だった

年賀状の商品は年ごとに異なりますが、2019年は以下のような豪華賞品が用意されていました。

当選確率 本数
現金 30 万円
または同額相当のプレミアム賞品
100 万本に 1 本 2,412 本
ふるさと小包 1 万本に 1 本 241,281 本
お年玉切手シート 100 本に 3 本 72,384,360 本


2019年の年賀状のお年玉懸賞は、一部の券種限定になるとはいうものの、2020年に東京で開催されるオリンピックを見越し、1000万本に1本の確率で東京オリンピックに旅費と宿泊費をセットにして招待してくれるという景品が登場しました。

そのせいもあってか、現金の当選率は1等が現金30万円及び、同等のプレミアム商品とかなり豪華になる一方、当選確率はぐんと下がって100万本あたりで1本となりました。

2020年はいよいよオリンピックイヤーなので、もしかするとさらなる豪華商品が期待できるかもしれません!

お年玉つき年賀状の当選確率をアップさせる方法は?

お年玉付き年賀状の当選確率をアップさせる方法はとにかく出すことです。

年賀状は儀式的な要素を持ち合わせていますので、もし出してなかった人から年賀状が届いた場合、自分も出さなくてはと思いますし、その際に普通のハガキではなく、年賀ハガキを使わなくてはと考えるものです。

そのため、出した相手からは、ほぼ年賀状が届きます。

とにかく出しまくるのがお年玉が当選するコツか・・頑張ろう・・
年賀状の平均枚数は45枚とされていますので、2倍出せば当選確率がグっと上がるかも・・

大量に出すなら年賀状印刷がおすすめ

年賀状印刷は時短にもつながり、非常におすすめです!

しかし年賀状印刷の業者はたくさんあるので、業者選びにも時間がかかってしまってたら本末転倒です。

そこでおすすめするのが年賀状印刷No.1人気の挨拶状ドットコムです。

挨拶状ドットコムでは個人・法人問わずどなたでも利用することができ、面倒な年賀状印刷をたった1日で終わらすことができます。

45枚程度であれば1時間で完成します!悩んだら挨拶状ドットコムをおすすめします。

Wお年玉年賀ハガキや年賀状収納ケースは数量限定となります。詳しくは挨拶状ドットコムをご覧ください。

≪年賀状≫1枚5円引き!Wお年玉くじ付き

たくさん出す人にはもっとおすすめです!

まとめ

年賀状だけのやり取りというお付き合いは、面倒くさいと思う方もいるかもしれませんが、年に一回のコミュニケーションが思いがけない幸運をもたらしてくれるかもしれません。

  • もらった年賀状が当たった
  • 送った年賀状が当たった

など、1年の始まりからハッピーになる可能性があります。

今では年賀状自体を出す方が少なくなってきていますが、お年玉つき年賀状で少しでも楽しみましょう!