印刷業者解説

Rakpo(ラクポ)3つの特徴と料金表!利用者のSNSでの口コミは?

Rakpoは非常に料金が安い年賀状印刷サービスです。

富士カラークオリティと呼ばれる「クオリティー印刷」サービスを利用すれば、他の人と差をつけられる高品質な写真入り年賀状を作ることができます!

本ページではRakpoの特徴と料金注文方法について詳しく紹介いたします。

Rakpo(ラクポ)の基本情報まとめ

対応している挨拶状

対応 料金
年賀状 ※下記にて詳細を記載
寒中見舞い
暑中見舞い
残暑見舞い
結婚報告
喪中ハガキ
引越しハガキ

料金詳細

Rakpoの印刷料金は、2つの種類から選択できます。

1つ目が通常デザインは写真を入れず、業務用レーザープリンターで印刷するタイプです。

2つ目が、写真を組み込むタイプのテンプレートを使用するものであり、業務用レーザープリンターでの印刷とRakpoオリジナルサービスである「クオリティー写真印刷」から選べます。

業務用レーザー印刷
印刷料金 はがき代込み
30枚 2,080円 3,790円
50枚 2,560円 5,410円
70枚 2,960円 6,950円
100枚 3,520円 9,220円
クオリティ印刷
印刷料金 はがき代込み
30枚 2,920円 4,630円
50枚 3,880円 6,730円
70枚 4,840円 8,830円
100枚 6,280円 11,980円
  • 宛名印刷:印刷代25円×枚数×消費税(基本料金無料)
クオリティー印刷は料金が高く設定されていますが、一目で違いが分かるほど綺麗に仕上がることが魅力です。

Rakpo(ラクポ)3つの特徴

Rakpoの特徴としては、主に3つの内容が挙げられます。

  1. オリジナルのクオリティ印刷
  2. フジカラー品質の用紙を使用
  3. 発送までが非常に早い

1.オリジナルのクオリティー印刷

Rakpoでは用紙とプリンターにこだわっており、色補正もプロが使用するソフトを使っているため、発色が綺麗な写真入り年賀状を作れることが特徴です。

インクジェットプリンターで印刷したものと比較すると、非常にクオリティが高いことは一目で分かるほど、仕上がりに差が生じます。

2.フジカラー品質の用紙を使用

Rakpoの写真プリントは、用紙、色補正ソフト「C-fit」、印刷機まで全て富士フィルム社のものを使っています。

一般的なインクジェット印刷やオンデマンドとは異なり、写真を非常に綺麗にプリントすることが可能な「富士カラー品質」のプリント技術は非常に高評価を得ており、リピート率が高いことも特徴です。

3.発送までが非常に早い

12月末になって年賀状の作成を行っていないなど、急いで年賀状を発送したい際には、納期の早さは非常に重要なポイントです。

Rakpoのお年賀状印刷は深夜の12時までに注文を確定すれば、翌営業日には発送してもらえます。そのため、急いでいる時や12月末になって年賀状を作らなければならない場合にも最適です。

年末の忙しい時期には本当に助かるサービスです!

Rakpo(ラクポ)のSNS上の評判・口コミ

Rakpo(ラクポ)の注文方法

ここからは実際にRakpo(ラクポ)で注文する流れをご紹介いたします。

まずは下記の公式サイトをクリックしてください。

≪公式≫Rakpo

  1. 好みのデザインを選択する
  2. 印刷する内容を入力する
  3. 枚数と表紙を選ぶ
  4. 印刷内容を最終チェック
  5. 配送方法・お届け先・支払い方法の入力
  6. 注文内容を確認して確定する

まとめ

  • 予算に合わせてプリント方法を選べる
  • 富士カラー品質で仕上がりにこだわっている
  • 発送、納品までがスピーディー

Rakpoの年賀状印刷サービスは、クオリティーにこだわっていることが特徴です。写真やイラストを綺麗に印刷することを重視するのであれば、Rakpoでの注文を検討しましょう。

公式サイトはこちらから