暑中見舞い

暑中見舞いの3つのマナー!喪中でも出していいの?目上の人には?

まだまだ暑い夏が続きますね。

夏に出す挨拶状といえば暑中見舞いです。

暑中見舞いは夏の挨拶状として非常にポピュラーでメールやSNSが普及した今でも「マナー」として出すことが一般的です。

今回は今から出そうとしている方、大切な人に今年から始めて出すという方のために暑中見舞いの書き方やマナーをご紹介いたします。

こんな人に見てほしい
  • 暑中見舞いをいつ出せばいいのかわからない方
  • 暑中見舞いの書き方やマナーを知りたい方
  • 暑中見舞いのおすすめのデザインを知りたい方

暑中見舞いとは?

  • 相手の体調を伺う
  • 自分の現状報告をする

暑中見舞いは、暑い時期にお世話になっている人に、元気かどうか、安否を伺うことが目的の挨拶状です。

暑中見舞いは基本的には「暑い時期に体調を崩していないか」と、相手を気遣う挨拶状ですが、合わせて自分自身の近況を報告するという役割もあります。

暑いけど私は元気ですよ!

暑中見舞いはいつまでに出せば良いのか?

暑中見舞いは文字通り暑い時期に出す挨拶状ですが、出す時期は決まっています。

分かりやすい目安は、立秋の前日までです。具体的には8月7日までということになります。

8月7日の立秋を過ぎてしまうと、いくら暑くとも暑中見舞いではなく残暑お見舞いの挨拶状になるので注意しましょう。

ちなみに、送り始めは地域によっても変わるという説もあります。だいたい梅雨明けくらいから出す人が多いでしょう。

出す時期は梅雨明けから8月7日まで

  • 梅雨明け~8月7日まで
7月中に出せば間違いないですね!

暑中見舞いハガキの書き方

暑中見舞いはだらだら長文を書くのではなく、簡潔にまとめて書くのがベストです。

暑中見舞いは、挨拶状でもあります。相手の安否を気遣う以外にも、お中元のお礼を兼ねて出す人もいます。

また、結婚や出産、引越しなどの報告として暑中見舞いを活用することも可能です。
長文ではなく簡潔に書くようにしましょう。

文章の始まりは「暑中見舞い申し上げます」

暑中見舞いの文頭には、

「暑中お見舞い申し上げます」

と挨拶文を書き、その後に近況報告や安否を伺う文章などをまとめて添えましょう。

「暑さが厳しいこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか」

上記のように相手を気遣う、安否伺いをします。

暑中見舞いの締めの言葉

文の終わりには、

「暑さが続きますがご自愛ください」

など1文で締めくくります。

【+アルファ】お中元のお礼を書こう!

もし暑中見舞いを送る相手から、お中元をもらっていた場合は、お中元のお礼も一緒に書くことをおすすめします!

「結構なお中元の品をいただきまして、ありがとうございました」

上記のような書き方が一般的です。

まとめてみてみよう!

暑中お見舞い申し上げます

暑さが厳しいこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか

結構なお中元の品をいただきまして、ありがとうございました

暑さが続きますがご自愛ください

暑中見舞いの3つのマナー!

暑中見舞いを出すにあたり、ちょっと細かいけど大事なマナーが3つあります。

  1. 目上の人へ出す暑中見舞いは少し改まった書き方にする
  2. 喪中の人にはシンプルなデザインのハガキを選ぶ
  3. 先に暑中見舞いをもらったらお礼を書く

①目上の人に出す暑中見舞いは丁寧に書こう!

暑中見舞いは、恩師や上司など目上の人に出すことも多いと思います。

目上の方に出す暑中見舞いは文頭の挨拶文として、一般的な「暑中お見舞い申し上げます」よりも「暑中お伺い申し上げます」と書く方が、改まった形になります。

学生が担任や部活の先生に出す場合などは、親しみを込めてもう少し砕けた文章でもかまいません!

「夏休みに入り、宿題とレポートに追われていますが元気に過ごしております。夏休みが明けて二学期には、またご指導よろしくお願いいたします。暑い日が続きますね。夏風邪などもお気をつけください。」

というような文章で、自分も元気に頑張っていることも伝えると良いでしょう!

②喪中の人にはシンプルなデザインのハガキを選ぼう!

年賀状の場合は、新年のお祝いの挨拶状になるので喪中の人には出さないことがマナーです。

けれども暑中見舞いは相手の安否を伺う挨拶状なので、喪中でも送ることができます。

むしろ、元気にしているのか気遣う気持ちも込めて、暑中見舞いのハガキを送ると良いでしょう。

年賀状を出せなかった方に出すのもいいねー!

喪中の人に暑中見舞いを出すときには、ハガキは無地でデザインも控えめにしましょう。

49日には気を付けよう!

暑中見舞いは喪中の方にも出してよいですが、まだ49日を過ぎていない場合は控えるべきという考え方もあります。

その場合は、暑中見舞いを出すのは49日を過ぎてから、残暑見舞いとしてハガキを出すこともできます。

文面は、「暑中お見舞い申し上げます」から始まり、「謹んでお悔やみ申し上げます」という1文も添えるようにします。

その後は、近況報告や安否伺いの文を簡潔にまとめて書けば問題ありません。

③先に暑中見舞いをもらったらお礼を書こう!

こちらから出す前に暑中見舞いのハガキをもらった場合には、

「このたびは暑中お見舞いをいただき、ありがとうございました」

「このたびはお見舞状をいただき、誠に恐縮に存じます」

など、お礼文も添えてハガキを出すことがマナーです。

先程紹介したお中元と同様ですね!両方もらったら両方のお礼を書きましょう!

暑中見舞いをいただいてから返事を書くまでの間に、立秋(8月7日)を過ぎてしまうこともあります。

その際は暑中見舞いではなく残暑見舞いとして返信しましょう!

残暑見舞いの場合は、「晩夏」や「立秋」という言葉を用いて文章を書くようにします。

【おまけ】宛名書きの書き方マナー

暑中見舞いに限らず、年賀状や季節の挨拶状は宛名は見やすく丁寧に書くことが大切です。

ポイントとしては、住所は2行以内に収めると見た目も美しく仕上がります。

横書きで宛名を書く人も増えていますが、丁寧なのは縦書きです。

番地の数字に関しては、縦書きならば漢数字、横書きならばアラビア数字を使いましょう。

また目上の人に出す場合などは特に、都道府県から書くようにして間違えのないように見直したいものです。

郵便番号はきちんと書くことで、ハガキがスムーズに届きます。

郵便番号を書かなかったり間違えて記したりすると到着が遅れるので気を付けましょう。

ご家族に連名でハガキを出すときは、すべての人に「様」と付けることがマナーです。

まとめて「様」にしてしまわないように注意したいですね!

暑中見舞いはマナーを守ったデザインを!

暑中見舞いのデザインはどんなものがいいか悩みますよね。

暑い時期の「安否伺い」として出す暑中見舞いは、ハガキのデザインも涼し気な物や夏の風物詩がふさわしいでしょう。

暑中見舞いのハガキに選ばれるイラストは

  • 風鈴
  • スイカ
  • 爽やかな海
  • 花火

のデザインが一般的です。デザイン自体にマナー違反などはありませんが、できれば相手に喜ばれるデザインをえらんで送りましょう!

暑中見舞いのデザインは挨拶状ドットコムが一番バリエーショションが多くおすすめです。

まとめ

暑中見舞いにはちょっとしたマナーがいくつかあります。

  • 目上の人へ出す暑中見舞いは少し改まった書き方にする
  • 喪中の人にはシンプルなデザインのハガキを選ぶ
  • 49日にはなるべく出さないようにしよう
  • 先に暑中見舞いをもらったらお礼を書く
  • お中元も同様にお礼を書く!

これさえ覚えて於けば、暑中見舞いを失敗することなく出すことができます。

最近の夏は特に暑い傾向があります。

相手に喜ばれるような気遣いが伝わる暑中見舞いを送りましょう!