おすすめ年賀状デザイン

投函代行を行ってくれる年賀状印刷業者5選!おすすめは?

投函代行サービスを行っている業者を選べば、年賀状の印刷とポストへの投函をまとめて依頼できます。投函し忘れる恐れがある、手間を省きたいという人に最適なサービスです。

そこで、年賀状印刷サービスのなかで、投函代行サービスを行っている業者を5つ紹介します。

こんな人に見てほしい
  • 自分で年賀状を出すのが面倒くさい方
  • なかなか忙しくて年賀状を投函する時間がない方
  • 年賀状投函代行を行ってくれる業者をお探しの方
お急ぎの方はページ末尾のまとめ情報をご覧ください。

投函代行を行ってくれる年賀状印刷業者5選

  1. しまうまプリント
  2. おたより本舗
  3. GLAM PRINT
  4. 挨拶状ドットコム
  5. Rakpo

1.しまうまプリント

しまうまプリント特徴と料金まとめ
デザイン数
料金目安 基本料金:1,980円
プリント料金:印刷仕上げ12円/枚
写真仕上げ28円/枚
はがき代:62円/枚
宛名印刷 対応
その他 ポスト投函代行

しまうまプリントでは、24時までに注文すれば翌営業日に発送してもらえるうえに、注文した後にしまうまプリントのスタッフがポストへの投函を代行してくれます。

ポスト投函代行はオプションサービスであり利用料金はかかりますが、注文から投函するまでを一括で行ってもらえるため、スムーズかつ安心して依頼できます!

さらに、しまうまプリントであれば無料で宛名印刷を行えるので、料金を節約できることも魅力です。大量の年賀状の発送をする場合には最適です!

詳細ページ公式サイト

2.おたより本舗

おたより本舗の特徴と料金まとめ
デザイン数
料金目安 1枚:2,336円
10枚:2,766円~
宛名印刷 対応
その他 光沢仕上げ(デジタルプリント)
プレミアム写真仕上げ(銀塩プリント)

おたより本舗で注文した年賀状は、送り先のポストへ直接投函するオプションサービスを利用することが可能です。

オプションサービスを利用する際には注文フォームで投函代行サービスを選択します。ただし、投函代行サービスは宛名印刷や切手貼りといった別のオプションも利用しなければならないため注意が必要です。

注文枚数200枚まではネコポス、201枚以上はヤマト運輸の宅配便で郵送されます。費用を抑えられるうえに、オプションサービスの種類が多いおたより本舗は、忙しい人でも手軽に注文できることが魅力です。

おたより本舗は送料や手数料代引き手数料が無料であり、若干でも費用を抑えたい人に最適です。

おたより本舗は土日祝日の電話サポート対応を行っているので、初めてインターネットで挨拶状を注文する人やパソコンに不慣れで編集方法に迷っている、そもそも編集方法が分からないといった人でも安心して利用できます。

詳細ページ公式サイト

3.GLAM PRINT

GLAM PRINTの特徴と料金まとめ
デザイン数
料金目安 30枚:4,739円
50枚:6,699円
100枚:11,599円
宛名印刷 対応
その他

GLAM PRINTは宛名印刷やポストへの投函代行サービスが無料であるため、投函し忘れるのが不安だという人や忙しい人に最適です。

また、GLAM PRINTの印刷技術は、写真の風合いを自然に見せるための6色印刷を採用しています。一般的な4色印刷と比べると非常に自然な発色であり、見た人に「綺麗な写真である」といった印象を与えることができます。

印刷機の機能性といった要素を含めて正確に色を表現するために、印刷技術の向上に努めていることも特徴です!

詳細ページ【グラムプリント年賀状】

4.挨拶状ドットコム!

デザイン数
料金目安 基本料金
10枚:4,266円
20枚:5,022円~
宛名印刷 対応
その他 個別レイアウト
ロゴ印刷

挨拶状ドットコム!の一般年賀状は、17時までに注文することによって翌営業日には発送されます。

また投函代行サービスをオプションでつけることによって、相手に届くまでの時間も短縮することが可能です。

さらに投函代行サービスだけではなく宛名印刷のオプションも付けることで、挨拶状ドットコム!から年賀はがきを発送してもらい、自分で郵便局やポストで投函するよりも早く相手に届けられます。

手間を省きたい人や、急いで発送しなければならない場合に便利です!

詳細ページ公式サイト

5.Rakpo(ラクポ)

デザイン数
料金目安 30枚:2,080円
50枚:2,560円~
宛名印刷 対応
その他

Rakpoは、印刷した年賀状の投函代行サービスが無料の印刷業者です。

プリンターと印画紙にこだわり、色の調整はプロ仕様のソフトを使うので、発色が非常に美しい写真入り年賀状を作成できます。

年末の段階で年賀状を用意していないといった場合、早急に作成しなければなりません。

Rakpoでは、深夜0時までに注文すると、翌営業日には発送してもらえるほど、対応がスピーディーです。急いで年賀状を用意しなければならない時にも非常に便利です!

詳細ページ公式サイト

特におすすめは挨拶状ドットコム!

挨拶状ドットコムは17時までの注文で翌日発送、さらに低コストで年賀状を作成することができ、投函代行までしっかり行ってくれます。

キャンペーンでさらに安く年賀状を出すことができます。

キャンペーン
  • 【早期割引】
  • 【宛名基本料金無料】
  • 【宛名無料】
  • 【Wお年玉】

特に初めて年賀状印刷を利用する方・失敗したくない方は挨拶状ドットコム!をおすすめします。

サポートも優れているので悩んだら挨拶状ドットコムです!

Wお年玉年賀ハガキは数量限定となります。詳しくは挨拶状ドットコムをご覧ください。

≪年賀状≫1枚5円引き!Wお年玉くじ付き

まとめ

公式サイト 投函代行 発送スピード
しまうまプリント 24時までの注文で翌日発送
おたより本舗 デザインによって異なる
【グラムプリント年賀状】 23時30分までにご注文いただくと、3営業日後
挨拶状ドットコム! ☆オススメ☆ 17時までの注文で翌日発送
Rakpo(ラクポ) 24時までの注文で翌日発送

投函代行サービスを利用すれば、1度自宅へ届けてもらう必要がなく、自分でポストへ投函しに行く手間がかかりません。

元旦に届けたい場合には、ポストへ投函する期限が定められています。早い段階で年賀状を作成していても、期限内に投函し忘れると元旦に届けられないため、確実に届けてくれる投函代行サービスを活用しましょう。