暑中見舞い

残暑見舞いにおすすめの業者5選

残暑見舞いは、送る相手や、送る側が個人なのか企業なのかによっても選ぶべきデザインが異なります。写真を取り入れた残暑見舞いを作りたい場合には写真のプリント技術が高い業者を選ぶ、イラストや文字のみの場合は個性的なものや定番のものまで幅広くテンプレートを揃えている業者を選ぶなど、状況に合わせて業者を選択することが大切です。そこで、印刷技術の高さとテンプレート数の多さから、おすすめの業者を5つ紹介します。

こんな人に見てほしい
  • 残暑見舞いを初めて出す方
  • 残暑見舞いでおすすめの業者が知りたい方

残暑見舞いにおすすめの業者5選

  1. しまうまプリント
  2. TOLOT Card
  3. おたより本舗
  4. 筆ぐるめ
  5. Digipri(デジプリ)

1.しまうまプリント

しまうまプリント特徴と料金まとめ
デザイン数
料金目安 基本料金:1,980円
プリント料金:印刷仕上げ12円/枚
写真仕上げ28円/枚
はがき代:62円/枚
宛名印刷 対応
その他 ポスト投函代行

しまうまプリントで残暑見舞い印刷を依頼すると送料が無料なことが特徴です。近年、宅配便の料金が値上がりしたり年賀状プリントサービスでも送料は有料のケースが多いため、無料で配送してもらえる点は大きなメリットだといえます。
どのような仕上がりになってるのかをチェックしたい人や、自分で宛名を手書きしたい場合、コメントは手書きで記入したい場合など、オプションで投函代行を依頼しないのであれば自宅に配送してもらいましょう。

詳細ページ公式サイト

2.TOLOT Card

TOLOT Cardの特徴と料金まとめ
デザイン数
料金目安 1枚あたり22.7円
宛名印刷 対応
その他 特になし

アプリをインストールする必要はなく、インターネットサイト上で作成と注文年賀状の作成と注文まで行えることが特徴です。好みのデザインテンプレートとを取り入れたい写真を選択するだけで、簡単に作成できます。
また、品質の良い印画紙を使用するため非常に手触りが良く、高級感もあるハガキに仕上がることが魅力です。TOLOT Cardでは基本的に30枚で送料無料、税込500円で作れるので、仲の良い友人や知人だけに送る場合など、気軽に作れることがメリットだといえます。

詳細ページ【TOLOT Card】

3.おたより本舗

おたより本舗の特徴と料金まとめ
デザイン数
料金目安 1枚:2,336円
10枚:2,766円~
宛名印刷 対応
その他 光沢仕上げ(デジタルプリント)
プレミアム写真仕上げ(銀塩プリント)

デザインはおよそ1,100種類あり、和風のデザインも豊富なため残暑見舞い作成に最適です。デザインを選んでいるだけでも楽しめるでしょう。また、デザインが非常に多く迷うケースもあるため、ある程度カテゴリーやイメージを絞り込んでから選ぶとスムーズです。
さらに、自社でサービスを作り、提供することによって、利用者の意見を取り入れたサービスを作りやすいといった点も特徴だといえるでしょう。利用者からの問い合わせへの回答以外の作業はほとんどシステム化されており、運営費用を削減するといった工夫も行なっていることが特徴です。システムの自動化によって利用者からの問い合わせや要望にしっかりと応えて、改善にも取り組めるので満足度の高いサービスを提供できています。経験と知識が豊富なスタッフが社員が在籍しているのでミスがなく、安心して注文できることもメリットです。

詳細ページ公式サイト

4.筆ぐるめストア

筆ぐるめストア特徴と料金まとめ
デザイン数
料金目安 筆ぐるめ 26 select [ダウンロード]:2,138円~
宛名印刷 対応
その他

筆ぐるめストアは「筆ぐるめ」と呼ばれるソフトを販売しているインターネットショップであり、筆ぐるめとは「簡単に・綺麗に仕上げる、楽しく作れる」をコンセプトとしたソフトです。パソコン操作に慣れていない人でも簡単に残暑見舞いを作成できることが魅力だといえます。
筆ぐるめの「お絵かきデコ機能」と呼ばれる機能では、プレビュー に進むと直接書き込むことが可能です。ペンを使ってイラストを書き込んだり、マスキングテープをモチーフにしたテープ状の装飾、ワンポイントに最適なスタンプを活用してデザインを飾って楽しめます。

詳細ページ公式サイト

5.Digipri(デジプリ)

Digipri(デジプリ)特徴と料金まとめ
デザイン数
料金目安 基本料金:864円
プリント代:1~29枚42円/枚
30〜99枚34円/枚
100枚以上28円/枚
宛名印刷 対応
その他 特になし

写真プリントサービスで有名なフジカラー社のソフトや印刷技術を採用しており、高品質な残暑見舞いを作成できることが魅力です。挨拶状印刷業者ではなく写真の印刷専門店と同様の技術で作成できるため、写真の発色や色味の再現のクオリティが高い仕上がりになるでしょう。
写真を使用しない場合も、プロ仕様のプリンターで印刷するイラストのテンプレートが豊富です。テンプレートの種類は850種類以上、また、スタンプは300種類以上あるので、テンプレートに自分でスタンプを配置して世界に1つの残暑見舞いを作れます。

詳細ページ公式サイト

まとめ

残暑見舞いは定番デザインやシンプルなデザインを送るケースが多いです。そのため、差別化するためにもデザインテンプレートが多い業者を選び、他の人とデザインの印象が被らないデザインで作成しましょう。